スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『牛権』 『蹂躙』ではなく『棲み分け』を

2010.11.28(10:38)

この地球上に、仮に「人権」なるものがあるのであれば、同じ生命であります他の動物にも、例えば、ライオン権・ゴキブリ権・熊権があり、当然のように牛権もあります。

そこで日本の乳牛の代表的な一生を追って見ます。

日本の乳牛の99%は、アメリカから輸入されたホルスタイン種です。
仔牛は誕生して一週間位までは、母親牛の乳を飲みます。
それ以後、母乳は「牛乳」という「化学製品の主原料」となるため、仔牛には与えられません。
 本来、牛の母乳は「仔牛」のためにのみ、その存在理由があります。
 人間の母乳が、人間の乳呑み児のためにのみ必要なのと同様です。
「仔牛」に、代わりに与えられるのが代用乳です。

代用乳は、脱脂粉乳に牛・豚の動物性油脂や抗生物質、ビタミンを加えたもので、哺乳器を使って飲ませます。
つまり、化学生産物を飲まされ、親子のスキンシップが断絶されます。
牛の母乳を与えられていない「仔牛」は、最早「牛」ではありません。

更には、本来の主食である牧草は少量しか与えられず、化学濃厚飼料が主食として摂取させられます。

この飼料は、国産物、輸入ものとありますが、いずれにしてもトウモロコシなどの穀物を主材料として製造され、これにも抗生物質が含有されています。
更には、動物の骨や内臓を加工し粉砕した肉骨粉が栄養補強剤として添付されています。

次は成長促進剤や早め早めに受胎し、乳の出を良くするために合成ホルモン剤が与えられます。
狭いコンクリート牛舎に押し込められ、充分な運動も与えられないため、ストレスが高まるのは当然で、その対策として精神安定剤まで与えられます。

次から次へ絶え間なく乳を出すために、一年に1回の出産という超過剰なスケジュールを強いられ、結果、4回から5回の出産で、満身創痍、身体はボロボロになってしまいます。
本来であれば20年から30年ほど、健康に生きることができます。

ボロボロになった廃用牛が屠殺(食肉処理)されて牛肉となります。

屠殺では、牛の解体中に牛の脚が動き、作業員が負傷するのを防ぐため、「ピッシング」作業が行われています。
これは、牛の頭部からワイヤ状の器具を挿入して脳・脊髄を破壊するものです。
貴方は、この作業をすることができますか?

この作業は、最近の狂牛病騒ぎで、「特定部位である脳」を破壊し、食肉を「汚染」させる危険性があるとのことで、厚生労動省が2005年4月に中止を要請しています。

それでも、今年3月末現在、全国で47ヵ所と全体の3割が「ピッキング」を継続しています。

国産牛肉の約60%が、この満身創痍の廃用牛です。

屠場(食肉処理場)では、人間が食べやすくするために、肉を柔らかくする目的で注射をすることさえあります。

人間は何と残酷なのでしょう。
「牛権蹂躙」もここまでくると糾弾する言葉さえ失います。絶句のみ。

乳牛は史上最悪、最も残酷な扱いを受けている生物と断言できます。
人間が「申し訳ない」と謝罪しても、乳牛は決して許してくれないでしょう。
それは屠場での彼女たちの形相から知ることができます。

彼女は、もうすぐ屠殺されることを動物的な勘ですぐ判断します。
足を八の字にして、前進することを必死に拒み、
目をギラギラと光らせ、息も荒く、口から泡を吹き出し、涙を流し、
人間に対する憎しみを剥き出しにして、
死に対する恐怖とが入り混じった顔の表情。
 正常な人間であれば、この彼女を正視することは不可能です。
やがて、必死の抵抗むなしく…。

製品となった食肉には、彼女の怨念と憎悪とがタップリと含まれています。
彼女の死体である「食肉」を食べる人間が、がんを初めとする生活習慣病に苦しむのは、当然のことと言えます。

草食動物である牛に、本来の牧草に代わって、動物性の飼料を与え、
化学物質であるホルモン剤・抗生物質・精神安定剤を与え、
不自然な生活環境を強制させられるのですから、

牛は本来の生理を乱され、血液が汚れ、あらゆる病気になり短命となるのは当然で、狂牛病はその一種に過ぎません。

さて、人間が病気になり、苦しんで死んでいくのは「勝手」です。
しかし、他の動物まで巻き込むことは許されません。

これこそ、ヒューマニズム(人間至上主義、人間本位主義)に過ぎません。

貴方は、それでも、ヒューマニズムを掲げ、牛肉を食べながら、
「人権を守れ!」と権利を主張し、
悲惨な殺し合いである戦争に反対を訴え「平和を!」と唱えることができますか?

権利を主張し「弱肉強食」の競争ではなく、お互いの文化・生態を認め合い、それぞれが「棲み分け」して共生してまいりましょう。


蛇足:乳牛の過酷な境遇を綴りましたが、日本人も同じような「待遇」を受けています。
スポンサーサイト





コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/03/02 20:37】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/74-2b94a678
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。