スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

感謝して食べているからいい?

2010.11.28(10:12)

◆菜食のススメ 食卓のお肉ができるまで
http://saisyoku.com/slaughter.htm

(以下はあるコミュニティーの文章より引用)

私達ががこよなく愛する犬や猫、鳥の命と、牛や鶏、豚の命は同じです。
彼らにも、私達の家族と同じように感情も痛みもあります。
目の前にいる優しい目をした牛をハンマーで叩き殺せません。
知らない動物を、見えない所で、誰かが殺ってくれればいい、とは思えません。。。

「感謝して食べているから・・」という言葉をよく聞きます。
誰かが「感謝して食べてくれる」としても、私達は
自分の犬や鳥を、レストランへ食用に差し出せません。

ケンタッキーのチキンが、
実はうちのXXちゃんの肉だった

・・とわかったら、

絶対「感謝」なんてできないし、まして食べられない。。

世界平和の運動。

少年に虐殺された一匹の犬のための、署名収集、
抗議運動。。素晴らしいことです。

でも、もう一歩踏み込んで考えられたら、もっと素晴らしい。

一人の菜食者によって救われる動物の命は、一年間に平均83匹と言われています。
そう。私一人が菜食になることで、一年に83匹もの動物の命が救えるのです。

「食べ物」は別。。

極端な地理条件に暮らし、動物しか食べるものがない、動物で生命をつなぐしか方法のない人達が、そう言うの当然です。

でも私たちの住む先進国には、動物以外の食べ物が溢れています。

動物の肉がなくても私たちの命になんら影響はありません。

「健康のため」。。

私もそう思ってました。

でも“世界一早い男”と言われたカールルイスや、ナブラチロワなどの過酷なスポーツをこなす選手ですら、
菜食で素晴らしい健康を保っています。

心から動物を愛する私たち。

食卓やレストランに並ぶ肉にも顔があったこと、
どうか思い出してください。

あの牛の優しい目。

ブタのつぶらな瞳。

鶏も私達の飼い鳥と同じように人に慣れるのです。

どうしても肉を食べなければなりませんか・・・?

絶対に必要ですか・・・?

それはなぜですか・・・?

誰かの苦しみや命を犠牲の上に、
本当の幸せや平和がこの地球上におとずれることは
決してない・・

と私は考えます。

だってみんながつながっているのだから。


スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/62-7b209c1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。