スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

■ビーガンはたんぱく質を一日平均83g摂っています

2010.11.28(09:22)

転載↓↓



今日は

みなさんが待ちに待った垣本 充博士からのメッセージ公開ですよ~!!
(昨日の日記をチェックされているひとはね♪)


それでは、垣本博士、どうぞ!!!

***********************************************:



たんぱく質は脳、内臓、筋肉などを構成している重要な栄養素です。

たんぱく質の米国における水晶栄養所要量は一日あたり、成人男性で72g、女性で55gとされています。ハーバード大学医学部栄養課のステア教授によれば、動物性食品をまったく食べないビーガン(完全菜食)はたんぱく質を一日平均83g摂っています。(わーーーお!!!!!!!)

このように、ベジタリアンは量的には十分なたんぱく質を摂っています。

質的には、必須アミノ酸のうち、菜食の最大のたんぱく質源である大豆はメチオニンなどの含硫アミノ酸が、米や小麦などの穀物はリジンが、それぞれ不足気味です。

しかし、両方を摂れば、牛肉に劣らないたんぱく質を摂ることができるのです。
1997年、米国栄養士会(ADA)は、
「ベジタリアンの食事は栄養的にバランスが良く、健康的で、肥満、心臓病、高血圧、糖尿病、ある種のガンなど生活習慣病の発症を低下させる」と論評しています。
さらに、FAO(国際連合食料農業機関)の統計によれば、たんぱく質を得る効率からいえば、大豆たんぱく質は牛肉の約20倍に相当します。言い換えれば、肉食一人分は菜食約20人分に匹敵するわけです。
現在、発展途上国の4人に1人は5歳になる前に飢餓が原因の栄養失調や病気で死亡しています。


飢餓の問題は食料問題です。
地球の人々が、限りのある資源を分かち合い、共存していくためには
、ベジタリアンのライフスタイルが21世紀の潮流になるのではないでしょうか。


NPO法人日本ベジタリアン協会代表 歯学博士 垣本 充





***************:*****************



垣本博士!ありがとうございました!!!!!!!!


はい。

自分だけではなく、地球の健康、まわりのすべての人々の健康を想うと、

ベジーな生活をするということが必要不可欠なんだとわかりました^0^

自己満足≠地球・自分・人々の健康

なんですー!


間違った知識で生活していませんか?


明日は大事な日だから、体力つけるぞ!勝つ丼だぁ~~~!


って、もう、死語です・・・よ・・・・・(汗)(古)


自分達が住んでいるこの地球にとって


一番fitする暮らし方。


もっと一人一人が目を向け、考えなきゃいけないんじゃないでしょうか?


住む家を選ぶように、着る服を選ぶように。


毎日、いただく食事のことを。

食事ができなければ、生きていけないもん・・・・・・・。

みんな、そうでしょ?


まずは、意識的にでも、疑問に思ってみること。★

そして、自分で考えてみる。

一番身体にいいことを探してみる。

それは、自分だけじゃなくて、地球も、まわりの人も健康になれるのか、


、、、1分でいいから、考えてみる。




そしたらきっと♪、

あなたの欲しい本当に健康な暮らしを、

自分で掴むことができますよ☆★☆


ぜひ、

自分に、人に、地球に、すべてに、


興味を、関心を

持ってみてね♪


それは、たのしーーーーこと!



宇宙と交わってるって、感じるのよ♪♪(あたしだけぇ?↑)

宇宙飛行しようぜ~~~~★エ





happy!?
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/46-80f16375
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。