スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ベジタリアン食は米国栄養士会によるお墨付き Vegetarian Diets

2010.11.28(09:20)

転載



ベジタリアン食は米国栄養士会によると、全てにおいて推薦できる条件を満たす。


Vegetarian Diets
Volume 109, Issue 7, Pages 1266-1282 (July 2009)
http://www.eatright.org/About/Content.aspx?id=8357

Abstract
It is the position of the American Dietetic Association that appropriately planned vegetarian diets, including total vegetarian or vegan diets, are healthful, nutritionally adequate, and may provide health benefits in the prevention and treatment of certain diseases. Well-planned vegetarian diets are appropriate for individuals during all stages of the life cycle, including pregnancy, lactation, infancy, childhood, and adolescence, and for athletes.A vegetarian diet is defined as one that does not include meat (including fowl) or seafood, or products containing those foods. This article reviews the current data related to key nutrients for vegetarians including protein, n-3 fatty acids, iron, zinc, iodine, calcium, and vitamins D and B-12. A vegetarian diet can meet current recommendations for all of these nutrients. In some cases, supplements or fortified foods can provide useful amounts of important nutrients. An evidence-based review showed that vegetarian diets can be nutritionally adequate in pregnancy and result in positive maternal and infant health outcomes. The results of an evidence-based review showed that a vegetarian diet is associated with a lower risk of death from ischemic heart disease. Vegetarians also appear to have lower low-density lipoprotein cholesterol levels, lower blood pressure, and lower rates of hypertension and type 2 diabetes than nonvegetarians. Furthermore, vegetarians tend to have a lower body mass index and lower overall cancer rates. Features of a vegetarian diet that may reduce risk of chronic disease include lower intakes of saturated fat and cholesterol and higher intakes of fruits, vegetables, whole grains, nuts, soy products, fiber, and phytochemicals. The variability of dietary practices among vegetarians makes individual assessment of dietary adequacy essential. In addition to assessing dietary adequacy, food and nutrition professionals can also play key roles in educating vegetarians about sources of specific nutrients, food purchase and preparation, and dietary modifications to meet their needs.

【概要】

 計画された全てのベジタリアンやビーガン食を含む、ベジタリアンの食は、健康的であり、十分であり、特定の病気の治療と予防に役立ち、適切であると云うことはADAの見解である。

 良く考えられたベジタリアン食は、妊娠、乳児、幼児、子供、青年を含む個人の生活習慣の全ての段階で適切である。

 ベジタリアン食は家禽を含む肉や魚類、またはこれらの食べ物を含んで生産されたものを含まないものであると定義された。

 この論文は、プロテイン、n-3、脂肪酸、鉄、、亜鉛、ヨウ素、カルシウム、ビタミンDとB-12を含むベジタリアンの為の鍵となる栄養素に関連する現在のデータを再検討したものである。ベジタリアン食は現在においてこれらの栄養素の全てに推薦できる条件を満たす。

 一部の例では、サプリメントや栄養強化食品が重要な栄養素の有用な量を与える事が出来る。証拠に基づく再検討では、ベジタリアン食が妊娠や、はっきりした妊娠の結果、幼児の健康の成果において栄養的に適切であることが見られる。

 証拠に基づく再検討の結果は、ベジタリアン食が虚血性の心臓病からの死のリスクをより低くすることが結びつけられている。

 ベジタリアンは又、ノンベジタリアンより、低比重リポタンパクコレステロールのレベルをより低くし、血圧を下げ、タイプ2の糖尿病と高血圧の数値を下げることも明らかになっている。その上、ベジタリアンは肥満指数をさげ、全てのガンの罹患率を下げる傾向が有る。

 ベジタリアン食の特徴は飽和脂肪とコレステロールの摂取量を減らし、フルーツや野菜、穀物、ナッツ、大豆製品、繊維、や植物性化学物質の摂取量を増やし慢性疾患のリスクを減らす。

 このベジタリアンに共通の規定食の習慣のばらつきは、規定食に欠くことのできない妥当性のある個人的な評価である。加えて、規定食の妥当性の評価は、食べ物と栄養専門家が 特定の栄養素の材料、そして食べ物の購入、そして、彼らの必要に応じて規定食の改良についてベジタリアンを教育する役割を担うことが出来る。
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/45-31109988
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。