スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「動物の肉を食べる」こと -モスバーガーのニュースより-

2010.12.03(10:11)

モスバーガーの福袋「モスワイワイ福袋」、店舗・数量限定で発売へ。
http://www.narinari.com/Nd/20101214667.html

モスバーガーのメニューは、生きていた動物だということを、考えて食べていますか…?

どこで生まれ、どこでどうやって何を食べて育った動物なのか…私は考えていませんでした。
32370803_570040880_55large.jpg
32370803_570040843_248large.jpg

「動物の肉を食べる」ことについて、考えてみませんか…?




--------------------------------------------------------------------   命にやさしい生活を! 食卓から始めよう!
--------------------------------------------------------------------
■環境を守る

-家畜動物が増え野生動物が滅びる-

 家畜用の牧草地を作るために、毎年世界中で広大な森や林が伐採されています。森を伐採すると肥沃な表土が流出し、農作物の実りが乏しくなり、貧しい人々は、ますます貧しくなっていきます。さらに、森林の消滅は、野生の動物たちの住処を奪い絶滅に追いやっていくのです。

    
-温暖化と環境破壊-

 家畜が放出するメタンガスは二酸化炭素の次に地球温暖化の原因とされています。また、アメリカでは牧畜が水質汚染の第一原因であり、用水の約80%が畜産に使われる為、水不足を引き起こしています。日本でも家畜の糞尿が地下水や河川を汚染し、厳しい法規制が必要となりました。 

--------------------------------------------------------------------
■飢えをなくす

 家畜に穀物を与えるとは先進国では家畜を早く太らせるために、飼料として大量の穀物を与えています。日本で唯一自給できるお米の生産高は約900万トン/年。しかし家畜用に輸入される穀物は約20000万トン/年。家畜の飼料用穀物の自給率はわずか10%にすぎません。

-肉食は資源の乱費-

 一人分の肉は、6人分の穀物を消費して生産されると言われます。人が食べることのできる穀物を家畜の餌とすることは、資源の乱費です。もし先進国で肉食を止め穀物を平等に分配すれば、世界中で飢えている何億もの人々を救うことができます。

--------------------------------------------------------------------
■健康のために

-ライフスタイルの見直しを-

 動物性の脂肪やたんぱく質のとりすぎは、心臓病や高血圧、脳卒中、がんなどの現代病を引き起こす大きな原因となっています。本来、野菜や穀物の生産力が高く、食肉をしていなかった日本では、そんな 肉を食べる必要はないのです。

              
-病んだ動物たち-

 家畜動物たちにはホルモン剤、食欲増進剤、殺虫剤、抗生物質などが絶え間なく与えられています。それらの有害な化学物質が動物性食品の中には残留し、私たちの健康に悪影響を及ぼしています。

--------------------------------------------------------------------
■動物のために

-動物たちの苦痛-

 牛も豚も鶏も、みなその短い一生の間、暗く狭い檻の中に閉じ込められたまま、誕生から死まで、心身のストレスと苦痛にみちた短い生涯を強いられています。人工授精によって大量繁殖され、クローン研究など遺伝子レベルでの生命の改変が行われる動物たちは、生命の尊厳を奪われ、利益追求の材料としてしか扱われていないのです。

          
-真実は隠されている-
 
 店頭のきれいな肉のパッケージや、巧みなコマーシャルの陰には、おびただしい動物たちの苦痛、環境汚染や飢餓の問題があることに気ずきましょう。



*資料提供 地球生物会議(ALIVE)より

http://www.alive-net.net/index.html



--------------------------------------------------------------------
       その他の問題
--------------------------------------------------------------------
  
*豚や牛の内臓はさまざまな疾患で廃棄処分率は80%にも達する。

--------------------------------------------------------------------
  
*抗生物質、ホルモン剤、殺虫剤、ワクチン等々動物たちの体は薬漬け。

--------------------------------------------------------------------

*日本では1ヘクタールの牧草地で養える牛は1頭だが、1ヘクタールの水田なら70人もの人を養える。

--------------------------------------------------------------------

*家畜を放牧するために、中南米、アマゾンなどの熱帯林焼き払われ、 飼料をつくる耕作地のためにも森林が失われている。

--------------------------------------------------------------------
  
*先進国の肉食と資源の乱費によって、世界で8億人以上もの人々が飢え苦しんでいる。

--------------------------------------------------------------------
  
*日本人の3大死因はがん、心臓疾患、脳血管疾患。動物性食品の摂りすぎが大きな 原因とされている。

--------------------------------------------------------------------
  
*O-157、BSE(狂牛病)、鳥インフルエンザ、口蹄疫など家畜由来の感染症が増大。

--------------------------------------------------------------------

参考図書 

「アニマルウェルフェア」 佐藤衆介著(東大出版会)

「日本とEUの有機畜産」 松木洋一・松永美希編著(農文協)

「ファストフードが世界を食いつくす」 E・シュローザー著
                                    (草思社)
「狂食の時代」 J・ハンフリース著(講談社)    

「脱牛肉文明への挑戦」 J・リフキン(ダイアモンド社)

「エコロジカルダイエット」 J・ロビンズ著(角川書店)

「僕が肉を食べないわけ」 P・コックス著(築地書館)

「アニマルファクトリー」 J・メイソン著(現代書館)

「畜産動物の福祉に関する欧州協定とEU法」ALIVE資料集

「動物の解放」 P・シンガー著(技術と人間)
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/100-f303f3da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。