スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ガンと肉食 ―それでも食べますか?

2010.11.26(09:34)

菜食のススメ
http://saisyoku.com/
ちょっと見にくいけど各カテゴリの話は読みやすくわかりやすい
牛が解体されていく写真は泣けてくる・・・悲惨すぎる・・
1580273055_45.jpg

写真は殺されることがわかって泣いてる牛の写真・・

追記の写真はベジフェスでの写真です
1580273055_70.jpg1580273055_161.jpg

ラビットファーとしてファッションにも動物が残酷に殺されているわけです


ガンと肉食
肉食は百害あって一利なし
http://saisyoku.com/cancer.htm

ハンバーガーが怖い――それでも食べますか?
http://saisyoku.com/meat01.htm
これは加工された肉類の産地の適当さがよくわかる話
第3国で加工されても、最終的に輸入した国の表示でいいという現実

引用
日本マクドナルドの藤田田社長(当時)が週刊誌で、同社の食材調達法をグローバル・バーチェシンク゛(世界一括購入)といって原材料の世界調達です。牛肉、タマネギ、ポテトは、今どこが一番安いのか、瞬時に全世界から価格情報を集めて、一番安いところから仕入れます」と明言。

「世界で一番安いところ」
かつて、第一次狂牛病パニックのとき、イギリスは9割の牛肉市場を失った。
EUはじめ世界中の国々が、イギリス産の牛肉の輸入を禁止したからだ。
のべ18万頭も狂牛病が発生している国の牛肉など、恐ろしくて食べられない。
それが正しい反応だ。
当然、イギリス産牛肉の価格は大暴落して、タダ同然となる。
はたして、これら「世界で一番安い牛肉」はどこへ消えたのだろう?

引用終わり

http://saisyoku.com/talk9.htm
ベジタリアンな有名人
これもなかなか面白い、金メダリストが居たりする

http://saisyoku.com/kyusyoku.htm
学校給食
この問題は子供が産まれたばかりだから考えさせられる
給食は任意なものだそう・・

6年後にはお弁当か給食か選べるようになってたり
せめて選択できることが当たり前の風潮になっていてほしい・・・

強制から任意になったにもかかわらず
義務のように印象操作されている予防接種の風潮をみていてもまだまだ厳しそう・・・

でも今ってアレルギーっ子も多いからその子たちは
弁当持参なのか、それとも除去食?の献立?
そこまで学校が気が利くとは思えないしどうしてるのだろ・・
自分でアレルギー食材をよけながら食べているのかな、、、


あと、姉の旦那も牛乳や肉が好きだったのだけど
去年の健康診断で血圧高いことと、心臓が大きくなってるって言われたのが
今年の健康診断では両方治ってたそう

「肉やめて乳製品辞めたからかなぁ」と言っていた。
成長期でもないのに心臓が大きくなるって初めて聞いてびっくりした

姉の旦那のおじいさんが前立腺がんになったので
菜食な家庭の食卓に入りやすかったみたいです。

そして、その姉がいま読んでる本



スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://helpanimals2010.blog137.fc2.com/tb.php/1-be3ba788
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。