2012年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ベジタリアン:よくある質問と答え(菜食、環境・飢餓・暴力・人権問題、植物や虫について) (07/25)

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ベジタリアン:よくある質問と答え(菜食、環境・飢餓・暴力・人権問題、植物や虫について)

2012.07.25(14:10)

ベジタリアン:よくある質問と答え(菜食、環境・飢餓・暴力・人権問題、植物や虫について)

ベジタリアンに寄せられる質問と答え紹介します。その中でも特に質問が多いモノを厳選してみました。菜食と肉食に関する新しい質問と答えは、今後、この記事を更新しながら追加して行きたいと思います。
★ 肉を食べるのを止めたら失業者が増えて可愛そうなんじゃないか!?
まず、第一に、金儲けの為に、殺し屋を雇う為に、他者に痛みや苦しみを負わせる行為は、いかなる理由にせよ私利私欲の為に行うべき、人道的に行わせるべき事ではありません。もちろん、肉の需要が途絶えれば、動物を殺すと言う職が失われるでしょうが、残念ながら、その様な事が起こるのは、まだ遠い先の事でしょう。

それと同じ様に、動物が殺せなくなったからと言って、肉や乳製品に依存する食品会社や菓子メーカーや外食産業が直ぐ様倒産すると言う事もないでしょう。VHS テープやカセット・テープやフロッピーと同じ事です。これらは後に DVD や MD や USB メモリなどに置き換えられましたが、家電メーカーもレコード会社も映画業界も次世代技術を採用し、その波に乗って移行し、現在も健在し、さらに先の未来を描きながら前進しています。
★ 植物にだって感情や感覚があるんじゃないか!?
まず、植物も人間や動物同様生物であり、根を切り取られたり、栄養が不足して枯れたり、焼かれたりされた時に命が奪われる事は事実ですが、例え、この様な仕打ちを受けたとしても、人間や動物の構造とは、根本的に異なり、痛みや苦しみを伝える中枢神経系、神経終末、脳がありません。また、人や動物の体の一部、例えば手や足を切り落とられ、何の処置も取られなければ直ぐ様出血多量で死ぬなどの致命傷に至りますが、植物の場合、葉を引き抜いたり、花を押し潰したり、木に穴を開けたとしても、死に至る事はありません。例えばリンゴの木は、リンゴが収穫されても、リンゴは、長時間リンゴのままであり、元の木自体が死ぬと言う事もなく、再びリンゴを再生します。



分類学的に考えると食用にされている動物の多くは、人間に最も近い種族、と言うか、牛、豚、鳥、魚は、紛れもなく人間と同じ脊椎動物と言う種類に入り、植物は、そもそも生物区分から事なり、動物界と言うカテゴリには入らず、植物界と言うカテゴリに入り、人や動物の様に、手や足や口や目や耳や鼻や血や骨や心臓や脳がありません。また、植物が種族を繁栄させる為に花粉を飛ばすと言われていますが、これは植物自体が友達や家族や仲間を増やしたいからと言う理由で飛ばしているのではなく、ただ単に自然と言う名の風によって飛ばされているだけです。人か、動物か、自然か、植物が、どちらに近いかと考えると、風や火や土や水の様な自然に近い存在と言えるでしょう。

植物に詳しい方は、食虫植物と呼ばれる、虫を捕まえて、消化吸収したり、害敵の数を減らしたりする別名食肉植物と呼ばれる種が存在する事を御存知かと思いますが、この事に関しても同じ事が言えます。獲物が近付いたら捕獲すると言う動作は、まるで動物が獲物を捕獲する行動の様に見えますが、食虫植物の場合は、単なる仕掛けによる反応であり、自発的に栄養が不足しているから、傷付けられたくないから、運動したいからなどの様な目的で動く訳ではありません。その根拠に食虫植物の仕掛けは、決められた回数や特定の部分に接触しさせすれば、人の指であろうと、木の枝であろうと、鉄の棒であろうと接触すれば何にでも反応し、葉を閉じ、静止し、しばらく時間を置いてから再び葉を開きます。もし、植物に感情や感覚があるとすれば、本来の獲物が近寄って来た時にだけ動くでしょうし、死ぬ程御腹が空いていて、獲物の捕獲に失敗した事が分かっていれば、直ぐ様他の獲物に狙いを定める事でしょうし、わざわざ無駄な体力を使って無意味に動く事もないでしょう。すなわち、何らかの理由で動く事がある植物は、自分の意志で動いている訳ではなく、化学反応や環境変化や自然現象によって根が伸びたり、花が咲いたり、木が枯れたりするのと同じと言う事です。
映画やアニメやゲームの中の世界では、口で話をしたり、足で動き回ったり、手で物を使ったりと、まるで動物や人間であるかの様に振る舞う植物もいますが、これはファンタジー世界における空想の産物でしかなく、今日の現実世界ではあり得ません。人類が未だかつて到達した事の無い全く未開の遥か遠い宇宙の彼方には、植物から動物へと突然変異し、高度に進化した、植物系の宇宙植物人の様な者も存在するかもしれませんが、そんな、いつの時代の話になるか分からない、確証も信頼性もない不確定な植物っぽい知的生命体の存在に期待する事よりも、今、現在、現実に、痛みや苦しみを感じる事が分かっている動物を人間の言葉を話さない、動物よりも肉が好きだから、動物なんかより宇宙人と仲良くなりたいから、と動物を下等生物と見なすのではなく、分類学的に、解剖学的、生物学的に人間に匹敵する、もしくは、それ以上に優れた嗅覚・聴覚・視力を持つ、機械がなくても空を飛べる、自動車がなくても早く走れる、酸素タンクがなくても水中で呼吸が出来る、戦争を起こさない、大量殺戮兵器を持たないなど、動物を非暴力的な高度な能力を持つ高等生物として配慮するべきです。
それでも植物を擁護する人は、やはり動物を擁護するべきでしょう。なぜなら、肉を得る為に食用動物を 1kg 太らせるには牛なら 11 kg 豚なら 7kg 鳥なら 4 kg の穀物が必要であり、たった一頭の動物から少ない肉を得る為に何百何千何万と言う植物の命が犠牲になるからです。
★ 動物の権利なんかより、もっと人権を重要視するべきなんじゃないか!?
動物の権利を主張する人達は、人権を重要視するだけでなく、何より人権を主張し、動物の権利を重要視し、何より動物の権利を主張した上で、世界のありとあらゆる暴力・飢餓・環境問題を考えます。



世界の平和・安全の維持、国際問題や人権問題の解決を目的として設立された国際連合(国連)は 1 キログラムの牛肉の消費が(240 キロメートルの距離を時速 80 キロメートルで走行する自動車に相当する)三時間のノンストップ・ドライビングであると提唱し、二酸化炭素の 21 倍の温室効果をもたらすメタン・ガスを消化器官や糞便から大量に発する動物を肉の為に太らせ、運び、食べると言う行為が運行、航海、航空、全ての交通機関を組み合わせた要因を上回る地球環境問題最大の原因であると訴え掛け、全ての人に菜食を推奨しています。肉食を止めると言う事は、地球環境を存続し、来るべき自然災害から全人類と動植物の身を守り、未来の子供達の将来を保証させる最良の方法です。



現在、日本の様に毎日賞味期限切れの食品が大量に処分されいる国がある一方で、世界では毎日 2 億人の子供を含む 8 億 4000 万以上の人々が、飢えに苦しんでいます。しかし、毎年アメリカだけでも栽培された穀物の 70 % 以上が私達人間ではなく肉の為に太らしている食用動物によって消費されています。これは、私達が時間を掛けて苦労して栽培した穀物を、わざわざ動物を太らせる為に使い、栄養豊富な私達人間の主食にする事が可能な穀物の量を減らすと言う無意味で非人道的な残虐行為です。飢餓問題は、御金で解決出来る問題でも他人事でも海の向こうだけの話ではありません。今後人間が戦争を起こそうと起こさなかろうと、このまま今の様な食生活を続け、肉食をする人が、さらに増え、より多くの穀物を、より多くの動物を太らせる為に使う様になれば、環境は、ますます悪化し、確実に食糧が不足します。もし全ての人が栄養豊富な穀物を直接消費する菜食を行い、動物を太らせる為に大量の穀物を無駄にすると言う事がなければ、理論上、現在の食糧生産だけで 2050 年の推定人口を上回る 100 億人の人々に食物を供給する事が出来ます。


「肉食をする人達は、一生に一度でも、動物が殺されている現場を見学するべきです。肉を買って食べるのは簡単です。しかし、肉の為に動物を殺す事は人の心を奪い取ります。私達は、二度と、人の為に動物を殺したくはない。」
―ベジタリアンになった元屠殺者

肉を食べる人は、自分で手を汚さない代わりに殺し屋に御金を払っていますが、動物を好きで殺している人は誰もいません。その様な人達は「我々は、殺戮機だ。体を血だらけにし動物を毎日ひたすら殺し続ける事が我々の仕事だ。ストレスで動物を殺している様なモノだが、人間のするべき正しい事ではない。」と暴露しています。動物を殺すと言う行為は、いかなる理由にせよ、暴力的、精神的、心理的にストレスを受けるだけでなく、誰もが持っている思いやりや人間の自然な感情や感覚を損なわせると言う基本的な人権が侵害される事に繋がります。私達が肉への執着を断ち切れば、彼らは、人権を取り戻し、より人間的で人道的に進んで行く事が出来る様になるでしょう。
★ 虫を殺さなきゃ、寝ている時も起きている時も家中虫だらけになるんじゃないか!?
虫は、分類学上は、人や動物と異なる種族ですが、命を持った同じ動物である事に変わりはありません。人間や他の動物を襲う事のある肉食動物が存在する様に、必ずしも全ての虫が友好的であるとは限らず、人や他の動物に肉体的・精神的・環境的な危害を及ぼす者もおり、時には始末が必要となる場合もありますが、そもそも始めから出会いたくない相手がいるなら、寄せ付けない方法を取りさえすれば、目にする事も、体に触れられ事も、殺す事も、必要なくなります。捕獲可能な虫は、出来るだけ事前に紙などの押し潰して殺す事がない様な物を用意して置き、拾って家の外に帰すのが最も良心的で思いやりのある可能な限り犠牲を減らす行為に繋がる手段の一つです。その他にも台所にある安全で自然で死に至らす事のない方法を使って虫を屋外に誘導する事が出来ます。
アリが人家に入って来る時は、アリの侵入場所に歯磨き粉やチリ・パウダーやパプリカやドライ・ペパーミントを付けて置きましょう。酢と水を合わせて雑巾掛けするのも効果的です。ゴキブリが苦手な人は、食器棚や排水溝や侵入口などにローリエの葉を置きましょう。ローリエの葉は、ゴキブリにとっては、人間が嫌う臭い靴下の様な物です。 深刻な侵略事態に発展している場合には、成長調整剤と呼ばれる薬品を使って卵を産ませない体にさせると言う抑制方法が必要になる場合があるかもしれません。もっとも、殺しても殺しても意味がない様に、例え、そうしたとしても彼らが完全に絶滅する事はないでしょうが・・・蚊に刺されたくなければビール酵母などを摂取し、ビタミン B 群のサプリメントなどを摂ってみましょう。ウォッカや植物油で薄めたシトロネラ油やペニーロイヤル・ミント油を体に塗り付けるのも効果的です。また蚊は、生バジルの葉の匂いを嫌います。クモの巣を張られたくなければ、クモをビンなどで捕まえ外に出しましょう。しかしながら、クモは、ハエ、蚊、ダニ、ゴキブリなどの害虫を捕食してくれる益虫です。衣類に虫を寄せ付けたくなければシダーの切れ端や切りくずを置いたり、ドライ・ラベンダーやドライ・ローズマリーやドライ・ミントの入った匂い袋やオレンジの皮を置きましょう。ハエを寄せ付けたくなければ、クローブの香りが有効です。食事が終わったら、すぐに食器を洗い、台所を奇麗にし、食べ残しを容器に密封し、こまめ生ゴミをに片付ける事も重要です。

また、肉の為に育てられている動物達が糞便塗れになって生活させられている集中飼育装置と呼ばれる現代式の農場では 24 時間腐っていようが腐ってなかろうが、動物の餌にも虫の餌にもなる飼料が放置され、毎日蛇口の様に糞便が排出され、完全に洗い流され、殺菌・消毒される事がなく、糞便を水で流さず放置している所もあり、ゴキブリやハエなどの害虫や人や動物に感染して死に至らしめる豚インフルエンザや鳥インフルエンザなどの病原体を大量発生させている温床であり、人類が肉と虫に更なる発展と繁栄をもたらす様生み出した最大で唯一の害虫繁殖施設です。とにかく害虫の量を出来る限り減らしたい、これ以上増えて欲しくないと願う人は、人道的にも衛生的にも環境的にも、やはり肉食をするべきではありません。

菜食のススメ
http://saisyoku.com/
ヘルプアニマルズ:畜産動物問題
http://www.all-creatures.org/ha/Chikusan.html
食卓から世界に思いやりと平和を
これまでの肉食と、これからの菜食
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-420.html
食用動物の高度な知能と自然な生活(ビデオ)
http://gallery.mac.com/vegetarian#100550
ゴキブリ、ハエ、インフルエンザを繁殖する
現代式農場:集中飼育装置の脅威
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-345.html
バイオハザード・レベル4・ネメシス
「鳥インフルエンザの脅威」(ビデオ)
http://gallery.mac.com/vegetarian#100721
肉食が世界を滅ぼす(ビデオ)
http://gallery.mac.com/vegetarian#100809
国連が警告:肉食が地球温暖化最大の原因
1キログラムの牛肉で三時間のノンストップ・ドライビング
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-245.html
ポール・マッカートニーとオノ・ヨーコ
環境の為に肉の消費量を減らす運動を提案
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-398.html
サブウェイ、バーガー・キング
ケンタッキー、ピザハット
フレッシュネス・バーガー、らーめん花月
マクドナルドのベジタリアン・メニュー
http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-333.html
肉食神話:よくある質問と答え
http://blog.peta2.com/tag/myths
PETA:よくある質問と答え
http://www.peta.org/about/faq/
スポンサーサイト





2012年07月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ベジタリアン:よくある質問と答え(菜食、環境・飢餓・暴力・人権問題、植物や虫について) (07/25)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。